インプラント

インプラント
骨造成
治療の流れ
治療例料金
Q&A

インプラントって何?

インプラントとは虫歯や事故などで失ってしまった歯を、インプラント体と呼ばれる人工の歯根を歯ぐきに埋め込み、その上に天然歯と変わらない人工の歯を装着する治療法です。
インプラント治療を行うことで、天然の歯とほとんど変わらない噛み心地と見た目を 回復することが可能になりました。

インプラント治療を行うことで、天然の歯とほとんど変わらない噛み心地と見た目を 回復することが可能になりました。

インプラントの素材は、チタンが使用されており金属アレルギーの方も全く問題ありません。チタンは、人間の肉体組織との相性が非常によく、人工心臓のペースメーカーや、骨折時に固定するのに使われるギプスにも使われており、医療分野において幅広く使用されています。

歯を失うということ

歯を失うと、人の身体にはどの様な影響を与えるのでしょうか?
美味しいものが食べれなくなるだけはないのです。
歯がなくなると以下のような症状がでてきます。
歯を失うだけで、心身ともに大きな影響が現れるのです。

出てくる症状

   顎がやせてしまう

   噛み合わせがずれ、消化器官に負担がかかる

   スポーツ時などに力を充分に発揮できない

   見た目が悪く、精神的なストレスになる。

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療は、他の治療では実現出来なかった噛み合わせ・見た目を同時に回復することが出来ます。ですが、インプラント治療はすべての人に対応できる治療法でないのも事実です。
そこでインプラント治療におけるメリット・デメリットをご紹介いたします。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

   天然歯と同じ様な噛み心地を再現できる

   健康な歯を削る必要がない

   歯の本数に関係なく対応できる

   適切なケアを行なえば一生使用可能

デメリット

   治療期間が長い

   治療費が高額

   糖尿病・全身疾患の方は治療が受けられない 
  ※症状の度合いにより治療可能な場合もあります

   ばい菌に非常に弱い

インプラントは、ばい菌の感染に非常に弱く日頃のお手入れと定期検診を行なわないとインプラントの寿命は縮んでしまい、最悪抜歯しなければなりません。したがって、お口の中の意識が低く、衛生管理をしっかりと行なえない人はインプラント治療には向いていません。

骨再生

インプラント治療は、骨がないところには埋め込むことはできません。
しかし。現在、歯周病や歯の抜歯時の骨の挫滅、上顎洞の発達などにより骨の薄い方が多く見受けられます。
そんな場所にもインプラントを埋め込むことはできるのです。
現在では、バイオテクノロジーの発達により、骨を再生することが可能となりました。このことにより、患者様が希望される場所に、どこにでもインプラント手術をすることが可能になりました。
また、歯周病で無くなってしまった歯根周囲の骨を再生させ、健康なころの組織を取り戻すことができるのです。

治療比較(ブリッジ・入れ歯との比較)

治療の比較(ブリッジ)

治療比較(ブリッジ・入れ歯との比較)

インプラント治療とブリッジ治療で、最も異なる点は、インプラント治療は歯を削らずに治療を行える事です。ブリッジ治療の場合、失った歯の両側の健康な歯 を削りその上から人工の歯をかぶせます。そのため、物を噛んだときに健康な歯にかかる負担が増え、将来的にその歯を失ってしまう可能性も高くなるのです。 また、歯の間にすき間ができてしまい、汚れが溜まりやすく、虫歯・歯周病・口臭などの原因にもなったりします。

治療の比較(入れ歯・部分入れ歯)

インプラント治療と入れ歯治療で、最も異なる点は、噛み心地とお口の中の違和感になります。
インプラント治療の場合、天然歯と同じ噛み心地を得ることができ、歯ぐきにしっかりと固定する為、お口の中にも違和感を感じることはありません。
一方、入れ歯治療では、部分入れ歯の場合、金属のワイヤーを健康な歯に固定して装着するため、どうしてもお口の中に違和感が残ります。また、総入れ歯では、しっかりと安定せず、固いものをしっかり噛めなかったり、また外れるといった精神的なストレスも多くみられます。
顎を充分に使えてないため、顎がどんどんやせてしまい、顔が年をとって見えてしまいます。

ミニインプラント

総入れ歯の方のお悩みは「下顎の入れ歯が安定しない」「下の歯ぐきが痛い」といったことが上げられます。これは上顎とくらべ、下顎は入れ歯の辺縁となると ころに筋肉の付着部が多く咀嚼や発音をすることで入れ歯を押し上げようとするため下顎の入れ歯を安定させることはたいへん難しいのです。そのため上手く咀 嚼できなかったり、しゃべっている途中で入れ歯が外れたりするのです。これを解消するために入れ歯安定剤を使用されている方は多いと思いますが、思ったよ り効果はなっかったり、ネバネバして不潔になったりしています。

そこで下顎の骨にチタン製の細いインプラントを4から5本埋め込みホックのような もので固定させる方法が開発されました。 手術は簡単で15分程度で終わります。切ったり、縫ったりも必要がありません。また、今、お使いの入れ歯を使いま すので、たいていの方が、その日のうちに食事ができます。また入れ歯を新調してもミニインプラントはそのまま固定源として使用できますのでたいへん経済的 です。

「健康」という雑誌にミニインプラントが紹介されました。

※クリックすると記事が出ます。 「記事」

症例

矢印で示した歯がインプラントです。

矢印で示した歯がインプラントです。
見た目にも自然歯と変わらず、自然な歯並びです。

レントゲンで見た映像です。

レントゲンで見た映像です。
インプラントがきれいに埋まっています。

矢印で示した歯がインプラントです。

矢印で示した歯がインプラントです。
見た目にも自然歯と変わらず、自然な歯並びです。

レントゲン映像です。

レントゲン映像です。
3本のインプラントがきれいに埋まっているのが分かります。

TEL:0761-21-0118
メールでのお問合せ
Toshiのブログ
メール会員募集中です!